猫のユキと亀の一茶

これはコバヤシ様オーダー品の片耳のない白猫のユキと

ホルスフィールド陸ガメの一茶君です。

娘さんから介護の終わった母上様への

クリスマスプレゼントにと依頼された品でした。

共に写真がなく、お話を伺って、私の頭のなかで

なんとかイメージをつくりながら製作したものです。

二匹とも過酷な介護生活の支えになっていたとかで、

しかもこの介護の終焉に、その役目を全うしたかのように

亀さんは亡くなり、ユキは姿を見せなくなったそうです。

こういう事ってあるんですよねえ。

 

本日  無事お納めすることができました。

亀の名前・・・コバヤシ 一茶   なるほど!

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    奈良県の友人夫婦 (月曜日, 23 12月 2013 17:27)

    作品と人生がドラマチックに、そしてあたたかくリンクして・・・・・
    「そ~なんや~、ホンマにえ~話やな~」と少々感動させていただきました。

  • #2

    nigeneko (月曜日, 23 12月 2013 18:17)

    Tさん お久しぶりです。メリークリスマスですね~

    そうなんです。ホントにいい話なんですよ~
    この亀さんお腹が土鈴になっていて
    ちりりんといい音がするんです。
    亀って猫と合うとと思いませんか!?