ようこそ逃猫舎(にげねこしゃ)へ

 

 

1230℃の炉の中から生まれる

 

手描き 手びねり の器

 

アイロニカルなオブジェ

 

そして何故か 

「傍らには いつも猫 」